メール署名で自分のことを知ってもらおう!!

目次

メール署名とは?


メール署名はどんなもの?それは送信メールの最後に添付する署名欄のことです。設定すれば、使い回しができ、毎回自分の名前、連絡先を一から書く必要がなくなります。連絡ツールとしてはとっても便利です。

もちろん、メール署名は、電話番号、メールアドレス、社交メディアプロフィールなどの連絡情報を含めることができます。相手がそれを読んで、簡単に連絡できるようにするため、とても便利です。本記事は、メール署名を作成する際に覚えるべきことをお伝えします。そして、弊社が開発するバイネームの機能もご紹介いたします。

ビジネスにおけるメール署名のあり方


メール署名は一見連絡情報にすぎないのですが、実際、メール署名は単なる連絡情報の提供だけでなく、相手にプロフェッショナルな印象を与えることもできます。正確な連絡情報や職業情報を提供することで、自分や所属組織の信頼性と尊重を示します。

そして、最も大切なのは、ビジネスのプロフィールや、ウェブサイトリンクを含めることで、自己ブランディングや企業ブランドを強調できます。これにより、相手に製品やサービスへのアクセスを提供し、マーケティングの機会を生かすことができます。

だから、メール署名のあり方を考えて、ちょっとした工夫で、あなたのビジネスチャンスを広めることもできます。

メール署名の解決案

メール署名の記入項目


では、メール署名を作成する際に、記入できる項目をご紹介します。

  1. プロフィール紹介:
    • 名前
    • 職業
    • 会社名 (もしあれば)
    • プロの肩書き
  2. 連絡情報:
    • 電話番号
    • メールアドレス
  3. 専門知識やスキル:
    • 自分の専門分野やスキル
    • 最新のプロジェクトや実績
  4. 興味・趣味:
    • 趣味や特技
    • お気に入りの活動や趣味
  5. モットー・座右の銘:
    • 自分の人生観や信念
    • モットー、座右の銘、あるいはインスピレーションを提供する言葉


1と2は一般的な連絡情報ですが、3から5はご自身のアピールポイントとも言えるでしょう。メール署名は個人の名刺のように、単なる連絡のツールではなく、あなたの世界観や考え方を与えることで、ビジネスチャンスを広めることもできます。古き有名な例だとすると、ディズニーの創立者であり、アニメーションの先駆者であるウォルト・ディズニー(Walt Disney)は一つの例です。

1921年、ウォルト・ディズニー(Walt Disney)の名刺です。
1921年、ウォルト・ディズニー(Walt Disney)の名刺です。


彼は短い面積を使って、単なる名前、職業、住所などの情報を伝えるだけでなく、自分の専門分野および、得意な漫画を披露することで、自己アピールができるのです。このように、連絡ツールを工夫によって、自分の個人ブランドすることもできますし、自分の長所をアピールすることもできるのです。

実際、メール署名を通して、最近携わってるプロジェクト、個人の実績をアピールする方も多いです。さりげなく自分の個人ブランドを構築しつつ、ちょっとした話題から相手と初対面するときに話を広げることも多いので、以下はメール署名のテンプレートをご紹介いたします。

メール署名のテンプレート


ここでは、よく使われるメール署名のテンプレートをご紹介いたします。

テンプレート1: クラシックなビジネス署名

無難で、主に連絡情報のみお伝えするメール署名です。

---------------------------------------------------------------
[名前]
[職業]
[会社名(もしある場合)]
[電話番号]
[メールアドレス]

[ウェブサイトリンク]
[LinkedInリンク]
[Twitterリンク]

[自己紹介やプロフェッショナルなメッセージ]
---------------------------------------------------------------


テンプレート2: 自己ブランディングを強調する署名

連絡情報以外に、自分の業績や専門分野を伝える部分を足しています。

---------------------------------------------------------------
[名前]
[職業]
[会社名(もしある場合)]

[連絡情報]
[電話番号]
[メールアドレス]

[ウェブサイトリンク]
[LinkedInリンク]
[Twitterリンク]
[Instagramリンク]

[専門知識やスキルのハイライト]
[最新のプロジェクトや実績の一例]

[名言や座右の銘]
---------------------------------------------------------------


テンプレート3: クリエイティブな自己紹介署名

自分の個性になる部分、最近携わってる仕事など、相手に伝えたい、印象を持たせたいことを伝えるメール署名です。

---------------------------------------------------------------
[名前]
[職業]
[会社名(もしある場合)]

[コンタクト情報]
[電話番号]
[メールアドレス]

[ウェブサイトリンク]
[LinkedInリンク]
[Instagramリンク]

[趣味や特技の紹介]
[最新のプロジェクトや実績]

[お気に入りの名言]
---------------------------------------------------------------


メールテンプレートをこのまま使ってもいいですし、自分のニーズに合わせて、必要な情報を入れたり、アレンジしたりすることができます。しかし、情報を更新するたびに、署名を更新しなきゃならない。さらに、更新したあとに、自分の最新連絡先を取引先に知らせなきゃならない。



バイネームと一般的な署名機能との違い


これらのことを解決すべく、そして、メールの署名機能を楽しく使っていくために、バイネームの誕生にも繋がります。ここで、メールの署名を超えてる機能をご紹介いたします。

洗練されたデザインを通して、自己アピールする


メール署名のテンプレートのように、選ぶ必要がなく、洗練された、ビジネスにふさわしく、かつ自分の個性や仕事への情熱を表現できるものが手に入ります。デザインの悩みから解放され、プロフェッショナリズムを保ちながら、自分らしさをアピールできます。


・初対面の相手に一歩先に自己紹介


メール署名は単なるテキストではなく、個人情報そのものを伝える手段です。自分の写真を含めることで、初対面の相手が会う前からあなたの顔を覚え、よりオープンかつ身近に感じるでしょう。例えば、肩書きや電話番号を変更した場合でも、過去のメールからでも最新の情報を確認でき、印象をアップデートできるのです。

バイネームは、メール署名という媒体を通して、自分のプロフィールを相手に開示することができます。それによって、会う前に、相手に自分のことを知ってもらい、早い段階で相手とのラポールを構築することをできることを実現します。



・データ更新するだけで、過去分まで更新される

データを更新すると、過去の情報も一緒にアップデートされるため、便利です。もしかしたら、あなたも同じような経験をお持ちかもしれません。例えば、一つのフライヤーを複数のメールアカウントで使用する場合でも、データを一度更新するだけで、各メールアカウントでの情報も自動的に最新のものになります。





弊社はByNameを通して、自己開示をしやすい、自己ブランディングを支援するプロダクトを無料で提供しております。

ご興味ある方は、ぜひこちらからご登録お願いします。

シェア:

最近の投稿