メール署名と平な世界

目次

はじめに

こんにちは、皆さん。

今日は、トーマス・L・フリードマンというジャーナリストが書いた、21世紀初頭のグローバリゼーションに関するノンフィクション『The World Is Flat』という本について、紹介したいと思います。

この本は、世界がどのようにして平らになったか、それが世界にどのような影響を与えたか、そして平らな世界でどのように生きるべきかという3つの部分に分かれています。

この本は、グローバリゼーションの現状と将来について、興味深く、洞察に満ちた本です。

この本は、21世紀の世界を理解するために、必読の一冊と言えるでしょう。


世界を平らにした10の要因

まず、フリードマンは、世界を平らにした10の要因、あるいは10の「フラットナー」を紹介します。それらは、以下のようなものです。

  • ベルリンの壁の崩壊:1989年に起こったこの出来事は、東西の対立を終わらせ、世界を一つにしました。

  • ネットスケープのウェブブラウザ:1995年に登場したこのソフトウェアは、インターネットを一般の人々に開放し、世界中の情報やサービスにアクセスできるようにしました。

  • ワークフロー・ソフトウェア:この種のソフトウェアは、異なるプラットフォームやアプリケーションを互換性のあるものにし、世界中の人々や企業が協働できるようにしました。

  • アップロード:この用語は、個人やコミュニティが自分たちの知識や創造物をインターネットに公開することを指します。例えば、ブログやウィキペディア、ユーチューブなどがあります。

  • アウトソーシング:この用語は、企業が自分たちの業務の一部を他の企業に委託することを指します。例えば、コールセンターや会計などがあります。

  • オフショアリング:この用語は、企業が自分たちの業務の一部を他の国に移すことを指します。例えば、製造や開発などがあります。

  • サプライチェーン:この用語は、商品やサービスが生産者から消費者に届くまでの流れを指します。この流れは、インターネットや物流の発展によって、より効率的で安価になりました。

  • インソーシング:この用語は、企業が自分たちの業務の一部を他の企業に任せることを指します。しかし、その他の企業は、自分たちの敷地内で業務を行います。例えば、UPSやFedExなどがあります。

  • インフォーミング:この用語は、個人や企業がインターネットを使って、自分たちに必要な情報や知識を探すことを指します。例えば、グーグルやヤフーなどがあります。

  • ステロイド:この用語は、他の9つの要因を強化する技術を指します。例えば、ワイヤレスやボイスオーバーIP、ファイル共有などがあります。

これらの10の要因は、世界を商業にとってより平らな競争場にしました。つまり、労働力を除いて、ほとんどの競争者が平等な機会を持っているということです。



トリプル・コンバージェンス

次に、フリードマンは、「トリプル・コンバージェンス」と呼ぶ3つのことが2000年頃に起こり、世界を平らにするのを助けたと説明します。それらは、以下のようなものです。

  • 第一のコンバージェンス:10のフラットナーが互いに強化し合い、シナジー効果を生み出しました。例えば、インターネットとワークフロー・ソフトウェアが組み合わさると、オフショアリングやアウトソーシングが可能になりました。

  • 第二のコンバージェンス:人々は新しい技術を利用するために、ビジネスのやり方を変えました。例えば、企業はより水平的で柔軟な組織になり、個人はより自律的で多才なワーカーになりました。

  • 第三のコンバージェンス:冷戦が終わると、世界中の何十億人もの人々が、グローバル市場に接続し、競争することができるようになりました。例えば、中国やインドなどの新興国が、世界の経済や政治に大きな影響を与えるようになりました。

これらの3つのコンバージェンスは、世界を平らにするプロセスを加速させました。しかし、それは同時に、新しいチャンスと課題をもたらしました。

メール署名と平らな世界

メール署名とは、メールの最後に付ける自己紹介や連絡先などの情報のことです。メール署名は、自分の名前や役職、会社名、電話番号、メールアドレス、ウェブサイトなどを含めることができます。メール署名は、メールの受信者に自分のことを知ってもらうために重要な役割を果たします。

しかし、平らな世界では、メール署名にはもっと注意を払う必要があります。なぜなら、平らな世界では、メールの受信者は、自分と同じ国や文化の人だけではなく、世界中のさまざまな人々になる可能性が高いからです。そのため、メール署名には、以下のようなポイントに気をつけるべきです。

  • 明確さ:メール署名は、自分の名前や連絡先などの基本的な情報を明確に伝えるべきです。また、自分の名前は、ローマ字や英語表記にすることも検討するべきです。例えば、山田太郎という名前の場合、Taro YamadaやYamada Taroというように書くことができます。これは、外国の人に自分の名前を読みやすくするために有効です。

  • 簡潔さ:メール署名は、必要な情報だけを含めるべきです。長すぎるメール署名は、メールの受信者にとって読むのが面倒になります。また、メール署名には、自分の個人的な趣味や信条などの情報は入れないべきです。これは、平らな世界では、メールの受信者の価値観や感性と合わない可能性があるからです。

  • 適切さ:メール署名は、メールの目的や相手に合わせて適切に作るべきです。例えば、ビジネスメールの場合は、自分の会社のロゴやスローガンなどを入れることができます。しかし、友人や家族にメールする場合は、それらの情報は不要です。また、メール署名には、絵文字やカラーフォントなどの装飾は控えるべきです。これは、平らな世界では、メールの受信者の感覚や印象とずれる可能性があるからです。

メール署名は、平らな世界でコミュニケーションをするための重要なツールです。メール署名には、明確さ、簡潔さ、適切さという3つのポイントに気をつけることで、メールの受信者に自分のことをより良く知ってもらうことができます。メール署名を工夫することで、平らな世界での関係をより良くすることができるでしょう。

ByNameでは革新的なメール署名を送るプロダクトを無料で提供しています。



シェア:

最近の投稿